住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

気ままにコラム

過去のコラムはこちら>>

14/01/13

インテリアコーディネート

 先日、お施主さまご夫婦とインテリアの打ち合わせをしました。
 
 天井や壁、床の仕上げ材のコーディネートです。
 
 計画当初からご夫婦も僕も「シンプルなインテリア」で意見が一致していましたので、壁のカラーはスッキリした白系にしました。
 
 しかし気をつけなければいけない点があります。実は白色は、心理学的に人に緊張感を与える色なのです。天井や壁を全て真っ白にすると人は疲れを感じます。
 
 お施主さまが白がイイと言われると、少し色がある生成りやベージュ系をおススメしています。心を癒やすはずのリビングで疲れるのは本末転倒ですから。。。
 
 また、小さい面積より大きいほうが色は明るく見えます。これを「面積対比」といいますが、サンプル帳で選ぶ壁紙や塗装色はワントーン暗い色を選んだほうが、イメージ通りの色に仕上がります。白の場合は生成り、生成りの場合はベージュ。といった具合です。
 
 ご夫婦のお宅にはベージュ系の壁紙に決めました。仕上がると安らぐ白系になるからです。完成を楽しみにしていて下さいね。
 
追伸  富山第一高校、優勝おめでとうございます!!

14/01/03

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
 
  
今年は5日が日曜のため、いつもより長いお正月休みを利用して旅行に出かけられた方も
 
多いのではないでしょうか。
 
僕は、家に籠もってお正月明けからの仕事のイメージトレーニングをしながら・・・
 
ただの寝正月ですか?^^;
 
 
2014年が、皆さまにとって幸多い一年になりますように。
 
本年も宜しくお願い申し上げます。
 

13/12/24

また逢いましょう。

 今年いっぱいで、あるお店が閉店します。
 
 20年前、僕がインテリアデザイン事務所に勤めている頃、担当者としてデザインの仕事をさせて頂いてからのお付き合いでした。
 
 流行り廃りのサイクルが早い昨今ですが、細かいリフォームこそすれど、基本的なデザインは20年間変えずにずっと大切に使って頂いてきました。
 
 メンテナンスで営業時間外にお店に入るとき、カウンターや水廻りをいつも清潔にしていらっしゃるのを見ると、「大切に使ってくれてんだなぁ。」と嬉しくなりました。分身・・・と言えばオーバーですが、一生懸命デザインしたお店だからこそ愛着があります。
 
 1年以上前から、今年いっぱいで閉店するとオーナーさんから伺っていましたが、近づいてくるとやはり寂しいものです。今までありがとうございました。
 
 お店の名前は、「Wiedersehen」ビーデルゼーエン。
 
 ドイツ語で、「また逢いましょう!」

2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.