住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

カテゴリー:気ままにコラム

  • 18/08/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

「減築」について考えてみた

 先日運転中、「〇〇邸減築工事」という工事看板を見た。
 
 増築ではなく、「減築」。なんだこりゃ?と思い、減築について調べてみた。
 
 「子どもが独立し、広すぎる家を持て余しており、身体能力の衰えを考え、生活の場を2階から1階に変えても2階部分の維持管理の手間と費用はかかってしまう。2階建てを平屋に減らしコンパクトな家にすることで維持管理がし易い家にする。また、固定資産税を抑える効果もある。」
 
 なるほど。
 
 では、実際減築を計画するとして、自分なりに考えてみた。
 
 ただ面積を減らすだけではなく、より住みやすくしなければならないと思う。
 
 まずは断熱性能を高める。
 
 家の中の温度差を無くして、部屋と洗面所、浴室の温度を均一にして身体への負担を抑える。施工コストは嵩むが、寒い家に暮らし続ける暖房機のランニングコストや体調が悪くなったときの医療費を抑えられるのではないか。
 
 次に耐震性能を高める。
 
 市町村で耐震リフォームの補助金制度があり、これを有効活用できれば僅かながらコストを抑えられるし、万が一の地震にも安心だと思う。
 
 外壁や屋根は20年ぐらいメンテナンスが不要な材料を選定したいところだ。
 
 土地が広くない場合は、減築した分駐車スペースを広くできるかもしれない。
 
 リフォームであれば、どれだけキレイにしても固定資産税は上がることがないし、減築した分は減税される。
 
 使う部屋だけリフォームするのが一般的な中、「減築」は思い切った決断になるだろうが、将来の資産と健康を考えたひとつの選択になると思う。

  • 18/07/31
  • カテゴリー:気ままにコラム

民泊と特例措置

 今回は、賃貸アパートのオーナーさん向けの話題になります。
 
 今年6月、民泊制度が改正されました。
 
 今まで民泊を行っていた方、これから始める方も、制度に適合しなければいけなくなりました。
 
 対象物件を消防法規に適合させ、適合証明を申請書に添付して県に提出になります。
 
 賃貸アパートの一部分を民泊にするときは、その部屋に火災報知機や非常誘導灯、非常用照明などを取付け、カーテンやカーペットは防炎加工品を使うなど、細かな条件が必要になります。
 
 消防法規に関することは設計士、県へ提出する書類作成は行政書士に任せればいいのですが、工事も含めて費用負担が増えることは間違いありません。
 
 費用対効果の検討が必要ですね。
   築30年ほどの物件をお持ちの方は、何より先に「特例措置」を使って建てられた物件かを確認したほうが良いです。
 
 昭和50年から61年頃までは、共同住宅を建てるときは消防設備を緩和するからどんどん建てましょう!という時代だったそうです。それが「特例措置」です。
 
 火災報知機やスプリンクラーなど、規模によって、本当は必要な設備を、一定条件を満たせば設置しなくてもよかったようです。
 
 その物件のひと部屋でも民泊にしようとすると、「全館に消防設備を設置してください。」と消防署で指導されます。理由は、共同住宅ではなく宿泊施設になるので「特例措置」から外れてしまうからです。  全館に設置と言われても、賃貸で入居中の部屋もあるので簡単な話ではありませんよね。費用も期間もかなり掛かります。計画は止めたほうが賢明です。
 
 まずは「特例措置」の確認。それが大切です。

  • 18/06/29
  • カテゴリー:気ままにコラム

インテリアコーディネートのコツ

 スマホやタブレットでカンタンにインテリアコーディネートや間取りを作ることができるアプリがあります。部屋の広さを設定し、天井や壁の色、ドア、家具を選んで配置、「3D」をタップすれば、あっという間に出来上がる手軽さです。
 
 リフォーム前にご自分でおおまかな計画をしたり、マンションへ引っ越すとき、新居のイメージを掴む上で便利ですね。しかし、豊富なバリエーションの中から自分の部屋にピッタリのものを選ぶ。。。きっと迷うハズです。
 
そんなときのために、インテリアコーディネートのコツがふたつあります。
 
1) 基準の色は3色まで。
 
例えば、天井と壁が白系統(アイボリー、ベージュも含みます。)、床がナチュラルな色合いの木だとすれば、これで2色です。
 
室内ドアが床と同系色であれば、家具をそれに合わせることで優しい雰囲気になり、統一感が出ます。
 
部屋の中の広い面積の色数を抑えることで、ソファーやカーテンの小面積な箇所に強めな色を選ぶとメリハリが出ます。ソファーを赤、カーテンがオレンジなど。グリーンとライトグリーン、ブルーとライトブルーもありです。色の系統は合わせましょう。これで3色です。
 
3色までを意識すると結構まとまりやすくなりますよ。
  2) フォーカルポイントをつくる。
 
フォーカルポイントとは、部屋の中で目を引く部分のことです。
 
ニッチや床の間、薪ストーブなどがそれに当たりますが、カンタンに作れるものもあります。
 
部屋に入ると目が行きやすい箇所にお気に入りのモノを飾るスペースをつくります。
 
ベストショットの写真やインテリアグリーン、好きな作家の絵などです。
 
注意する点は、1箇所に集めるように意識しましょう。
 
あちこちに飾ってしまうと視線が分散し、落ち着かない部屋になってしまいます。
  このふたつのコツを意識して、あなたのイメージにピッタリのインテリアづくりにチャレンジしてみてくださいね!

前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.