住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

カテゴリー:気ままにコラム

  • 20/11/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

建築家

 「建築家」という職業がある。建築士とは違い、「家」だ。
 
 「家」が付くものには、写真家、画家、陶芸家、小説家、音楽家などがある。
 
 高度な専門知識と技術を必要とする職業に就く人を指すらしいが、芸術性が強いものがそう呼ばれることが一般的なようだ。また、そう名乗るために必要な資格はなく、自分で名乗ることができる。
 
 ということは、明日から「僕は建築家です!」と名乗ることも可能なのだ・・・が。
 
 私的な見解だが、一般住宅や建築物の設計をするのが建築士、芸術性を持った建築物の設計、云わば作品を創るのが建築家だと思う。ふたつは、似て異なるのだ。図面を描くプロセスは同じだが、住みやすく快適な間取りとデザインを行うものと、建築物を芸術作品として捉えデザインしていく、アプローチが違うのだ。
 
 いずれにせよ建築物は、描いた図面通りにポンとできるものではない。工事に携わる人たち、職人さん方の手が必要だ。一般住宅であれば概ね延べ250人から300人だ。規模が大きい建物になるとその数倍の人手が必要になる。みんなで力を合わせて造るんだ!という気持ちが無ければ、どれだけ良い図面を描いても所詮絵に描いた餅になってしまう。それは建築士も建築家も、同じ思いで仕事に取り組んでいる。と、信じたい。
 
 僕は前者、建築士だ。建築家というとカッコ良さげだが、著名な建築家以外は所詮、自称だ。そんなカッコ悪いことはしたくない。快適に住める間取りを考え、長年経っても飽きない、壊れにくい家をデザインすることに注力し、地道に頑張るのだ。

  • 20/10/26
  • カテゴリー:気ままにコラム

直球のストライク、頼みます!~インテリアコーディネーター資格試験に思ったこと

 10月11日に開催された、インテリアコーディネーター一次試験を受験された皆さま、たいへんお疲れ様でした。
 
 「難しかった。」「テキストに出てない問題いくつもあった。」などの声を聞き、自分でも試験問題を解いてみた。
 
 ここから先の試験問題への感想はあくまでも個人的見解だが、変化球的な訳のわからない問題が多く、インテリアコーディネーターとは無関係な事項も含まれ、言ってしまえばイジワルな問題がいくつもあった。
 
 実例を挙げれば、建築の基礎に関する問題で、基礎コンクリートの下に敷く砕石の種類を問いているが、建築士試験であれば基礎コンクリート本体の構造に関する設問となり、とてもコアだ。また、インテリアコーディネーターには関係が薄い。
 建築現場で合板をカットする工具についての問題は、それは本来、駆け出しの大工さんへの問題だ。正解は「丸鋸(まるのこ)」だが、現場で大工さんに、「合板のカットは丸ノコでお願いします。」と言ったら、「そんなこと当然だ!大きなお世話だ!」と叱られるだろう。
 枕の種類や材質は快適な睡眠のためには必要だが、ベッドや掛け布団の種類や材料があってからの枕に関する設問であれば納得だが、枕のみで4問費やすのはどうなのだろう。
 
 全体の25%が、インテリアコーディネーターとはあまり関係が無かったり、何を問うための問題なのか理解に苦しむものだった。インテリアコーディネーターも建築や現場の知識が必要なのは当然だが、それならば建築知識の直球を投げて欲しい。
 
 直球を受ける練習を万全にしてきた本気な受験者に、ストライクに入らないボールの変化球をたくさん投げる、云わば落とすことを前提とした問題構成ではなく、直球で勝負して合否判定するべきではないだろうか。
 
 自己採点で合格ラインに達した方、二次試験も頑張ってください。及ばなかった方、諦めずに次回も頑張りましょう。
 
  余談
 試験問題を解き自己採点で73点だったが、インテリアコーディネーターとしての面目が保たれた・・・かな。。。

  • 20/09/28
  • カテゴリー:気ままにコラム

インテリアコーディネーター資格試験

 10月11日にインテリアコーディネーター資格試験があります。
 
 自分が受験したときの話ですが、インテリアデザイン事務所に勤めていた25歳当時、どうしてもインテリアコーディネーター資格を取得したくて猛勉強しました。今は受験資格の年齢制限はありませんが、その頃は25歳以上という決まりがあったため、その年齢でした。
 
 実務で覚えている事はすんなり頭に入るのですが、歴史やインテリア様式、椅子の作者など、普段馴染みが無いところは理屈が分からずとても苦労しました。解らないところがあっても、あきらめずに取り組みました。
 
 一次試験当日はとても緊張しましたが、二次試験の図面と論文は、普段から描き慣れている図面と、高校生時代、国語だけが得意だったこともあり、一次試験より難しさは感じませんでした。
 
 合格通知、嬉しかったなぁ。
   今年受験される方、勉強の進捗状況はいかがですか。
 
 勉強の時間が足りないとか、わからない箇所があるとか、不安はみんな一緒だと思います。
 
 日々の忙しさの中、時間を作り少しずつ勉強してきた成果は必ず出ると信じて取り組みましょうね。
 
 皆さんの努力が実を結ぶことを願っています。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.