住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

2022年09月の投稿

  • 22/09/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

インテリアデザイン

 家具やカーテン、壁紙を選ぶのがインテリアデザインだと思っている人が多い。
 
 久しぶりに会った友人にそう言われたのだが、それも仕事の一部なので否定はしなかったが、それだと、インテリアに興味があって、自室のインテリアを選ぶのが好きな人と大差ない。インテリアデザインとは何かをどう説明すればよいか一瞬考えてしまった。
 
 いい機会なので、仕事を再考してみよう。
 
 空間を構成する要素を組み合わせ、または創り出し、カラーを整え、全てをまとめることがインテリアデザインだ。
 
 LDKで云えば、キッチンとテーブル、ソファーの配置計画、それらの選定、照明配置計画、食器棚やテレビボードを兼ねたリビング収納、ピッタリなサイズが無ければオーダー収納を計画し、色彩バランスを考えインテリアカラーをチョイスし、コーディネートするのだ。
 
 当然、図面とパース(完成予想図)が必須だ。平面レイアウトを考えるには、配置する家具のサイズや、使う、休む、触る、といった人の行動を把握するための人間工学、天井、壁、床の仕上げ材の種類と特性や構造躯体の現状を把握するための建築に関すること、それぞれの知識が必要だ。
 
 また、設計図面やコーディネートを見せるのは施主さん家族、大人も子供もじーちゃんやばーちゃん、誰が見ても解り易い図面を描く技術も必要だ。
 
 知識と技術を活かして空間をデザインする。それが仕事だ。
 
 これで友人に伝わるかどうかだが、もし伝わりにくかったら、解り易い文章を書く勉強が必要だろう。ね。

1

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.