住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

  • 22/05/31
  • カテゴリー:気ままにコラム

未来の住宅!?

 3Dプリンターで住宅を造れる時代が来た、らしい。
 
 そもそも、3Dプリンターなるモノは15年ほど前に観た映画で初めて知った。スパイ映画だが、顔写真から3Dプリンターで、短時間でターゲットのマスクを作り、本物とすり替わるシーンがあった。その時は、映画だからなぁ。と考えていた。
 
 それが今ではマスクどころか、3DCGシステムがあればなんでもプリントできる。箱型のプリンター内にあるノズル先端から押し出す樹脂を一層ずつ重ねて行くと、データ通りのモノが完成するのだ(難しいことはよくわかっていないのだが・・・)
 
 フィギュアやマスコットなどの趣味のモノを作る家庭用から、工業用では、金属を抽出し、これまでは溶接して作っていた金属パーツを一体モノで作れてしまう。  医療では、移植可能な人工臓器を作る研究が進んでいるようだ。救える人たちが増える。これは早く実現して欲しい。
 
 本題だが、3Dプリンターの家は、工場で、樹脂ではなくコンクリートを抽出し一層ずつ重ねて作った筐体を現地で組み立て、窓やドア、屋根を付ければ完成だ。
 
 現地組み立てが約24時間、工期短縮と人件費削減、資材削減で価格を抑え、ある会社では2023年春販売に向け始動しており、49平米(約15坪)で500万円を目指しているそうだ。
 
 海外ではすでに、低所得者層向けや、賃貸住宅として活用され始めているらしく、世界的にも需要が高まっている。
 
 デザイン的には曲線を活かした近未来的なものだ。抽出して重ねたコンクリートそのままの風合いになる。グレー色の太い縄をぐるぐる巻きにしたような柄といえば解りやすいかも?だが、白などに着色すれば味が出そうだ。
 
 未来を感じたい人には3Dプリンター住宅、一見の価値ありだ。
 
 ※画像は、SUMMOジャーナルさんのサイトより拝借しました。
オランダの3Dプリンター賃貸住宅。

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.