住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

2021年04月の投稿

  • 21/04/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

木材危機!?

 今、建築材料の木材がピンチだ。
 価格上昇が止まらない。そして納品の目処も立たない。
 
 建て方に使う材料が納期未定、建て方を延期して、今度は、材料は入るが、予算が何割も増えてしまう。そんな状態だ。
 そのほとんどをロシアからの輸入に頼っているが、日本に入ってくる量が極端に減っている。
 原因は、米国と中国が大量輸入しているからだが、両国ともコロナウィルスの影響で、郊外に家を建てて密にならない環境で生活をする人が急激に増えている。住宅バブルと言われているほどだ。
 輸出する側も、安価で大量に購入してくれる先を優先するのは当然だ。
 日本は、コロナ禍で家を建てる人が減るだろうと輸入量を制限したことも要因のひとつだ。
 国産材を利用するにも数に限りがあり、全てを国産材に切り替えることは不可能なのだ。
 
 
 建築業界での見積有効期間は、三か月が一般的だ。
 経済状況の変動で価格も変動する可能性があるからだが、木材に関して、今は二週間になっている。二週間先の価格が分からないのだ。
 大手ビルダーさんやハウスメーカーさんは、木材をまとめ買いしてあり、しばらくの間は大丈夫という話だが、それも8月や9月までとも聞く。
 
 住宅を買うとき、全体予算が出てローンを組むが、いざ着工のとき、どれだけオーバーするかわからない予算を自己資金で賄わなければいけなくなるとすれば、全額住宅ローンで家を建てる人は、全体予算があやふやなままでは審査も通らず、建てることができなくなるのではないだろうか。
 
 振り返ると、去年はコロナ禍でトイレなどの設備機器が納期未定になっていたし、東日本大震災後の復興時は、一部建築材料が不足、価格も上がっていた。だが、その都度日本は乗り越えてきたはずだ。
 
 誰のどんな働き掛けが必要なのかは知らないが、木材の価格が上がってしまうのは仕方ないとしても、せめて安定供給ができる体制を整えて欲しいと、切に願う。

  • 21/04/21
  • カテゴリー:現場日記

ムラサワのちょこっと現場日記№9

みなさん、こんにちは!ムラサワです!
4月に入り新生活を始められた方も多いのではないでしょうか。
新生活は不安もありますが、ドキドキワクワクしますよね!

先日、新生活を送るためのアパートを数部屋リフォームさせていただきました。
退去されてから入居されるまでが約1週間しかありません。そんな短い時間のなかで数部屋をリフォームするので計画的に適格に進めることが大切になってきます。
工期が短いので、一度退去前に部屋を見させてもらい、修繕が必要な箇所をチェックして図面を書き、工程を組みます。
なので、キツキツな状態でしたが大きな問題もなくリフォーム工事が終わり、気持ちよく入居していただくことができました。

・・・と思っていたら、入居者様から「ウォシュレットが作動しない」「○○がない」など連絡が入りました。
すぐに対応させていただき、工事を終えることができました。

今回、入居者様から連絡があった内容は、工事中に気付いて直せることでした。
図面に書いてあることはしっかりと直していて、図面に書いてない部分を見落としていたのが原因です。
今後、このようなことがないように、図面に書いていない箇所も確認する。クリーニング前後にも確認するのを徹底していきたいです。
また、確認の時間を取れるような工程を組んでいきます。

今月から新しい年度です。初心の気持ちを忘れずに突き進もう!と思っているムラサワでした!

1

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.