住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

  • 21/03/31
  • カテゴリー:気ままにコラム

インテリアトレンド

 「インテリアトレンド2021」でネット検索してみると、今年はアースカラーや自然との調和が流行するらしい。では、去年2020年はというと、曲線を活かしたもの、丸い椅子や丸いミラー、家具は藤を使ったラタンチェアやテーブルがトレンドだったそうで、今年はすでにNGらしい。
 
 服を買いに行き、店員さんに今年流行のモノを勧められて、気に入って次の年にも着ていたら、すでに古いデザインになっていて、恥ずかしくて着られなくなった経験はないだろうか。捨てるには忍びなくて、タンスの奥に仕舞ったままの、その服だ。。。それ以来、「今年流行です。」という服は買わないようにしている。
 
 服は買い直せば済むが、家具を買い直して、頻繁に部屋の色を塗り替えや貼り替えをするわけにはいかない。
 
 インテリアは、長年住んでも飽きず、使い勝手が良く、居心地が良いことが大前提だ。
 
 大部分を占める天井や壁はあっさりした色合いで、例えば壁の一面だけを自分が好きな色にして、そのアクセントカラーと同系色のカーテンにすると、空間に動きが出る。
 
 間取りとレイアウトになるが、キッチンと食器棚や冷蔵庫の配置を上手に計画する。キッチンと、洗濯する洗面脱衣室を近くにする。同線を短くすると、家事の負担が減り、ラクになる。
 
 毎日使うダイニングテーブルと椅子、ソファーは、カタログで選ぶのではなく、家具屋さんで座ってみてから決めることが大切だ。
 
 昨今のコロナ禍で、在宅で仕事をする方も増えている中、より使い勝手や居心地の良さを考えるべきではないだろうか。流行りに流されることなく自分の好みにコーディネートすれば、飽きずにずっと居心地良く住めるのだ。
 
 インテリアは、住む人が中心なのだ。

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.