住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

2020年08月の投稿

  • 20/08/31
  • カテゴリー:気ままにコラム

理想を求めて

 「新築とリフォームだと、どっちが多いですか?」たまにそんな質問をされることがある。
 
 数は問題ではなく、要は中身だ。
 
 施主さまの要望があり、それを更に良くする、例えるなら、使いやすさや居心地の良さ、機能性、デザインを提案し、意見交換し、お互いの認識をすり合わせていく。その過程が好きだ。
 
 経験として、すり合わせと互いの認識不足で、いざ着工してみたら、施主さまの思いと違っていたこともある。後の祭りであり、工事中は重たい空気が流れ、最後まで上手く進まなくなるのだ。
 
 施主さまの要望を踏まえながら、付加提案は誤解の無いよう、わかりやすい図面と言葉で伝えるよう心掛けているが、それを受け入れて頂けたときは、お互いの想いが同じ方向に進んでいる実感が持て、嬉しくなる。
 
 冒頭の質問の答えだが、リフォームのほうが多い。
 
 リフォームが多い人に新築を任せるのが不安なのだろう。安心できる業者さんが大勢いらっしゃる。どうぞそちらへ。
 
 会社規模が小さく、できる仕事量は決まってくる。だからこそ、一軒ずつ時間を掛けて計画するのだ・・・お待たせしている方、ごめんなさい。
 
 以前のコラム?住宅特集の記事?定かではないが、「創らせて頂いた家を外から眺めると、誰もがあたたかさを感じる家を創りたい。」と、クサい台詞を書いたことがあるが、今も、それが理想だ。
 
 理想を励みに、日々進むのだ。

1

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.