住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

  • 20/06/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

シンプルに考えること

 いつの頃からか、背伸びするのを止めた。
 
 依頼があればどんな仕事でも請けていた頃があった。知名度を上げ、地元では知らない人がいないほどの大きい会社にしようと鼻息が荒かったのだ。思いっきり背伸びをして、つま先はプルプル、心は常にパッツンパッツンだった。社員や業者さんに無理を強いることが多々あり、逆の立場なら絶対ついていきたくないと思う。振り返ると、かなりイタい奴だった。
 
 つま先立ちだと、いつか必ず脚をグネって捻挫するもので、大きな代償を払うことにもなったのだが。
 
 自分に出来ることはなんだろう?と、かなり悩み、難しく考えれば考えるほど悪循環になった。しかし、シンプルに考えれば答えは簡単に出た。
 
 〇幅を広げ過ぎず、自分が自信を持って出来ること、設計やコーディネート、現場管理を通して、お客さんのためになることをコツコツ取り組む。
 
 〇施主さんからの依頼以外の仕事は断る。(同業者さんの下請けだと、お客さんの要望や想いを直接聞けないからだ。)
 
 〇自分に向いていない、営業や駆け引きは考えない。
 
 〇自分の知識や経験は、惜しみなく若い人たちに伝える。
 
 〇知名度や会社規模は気にしない。
 
 そう決めたら心は軽くなった。背負った代償は大きいが、前に進んで行けると改めて思うことができ、今もそれを実践している。
 
 人はつい、ほかの人に良く見られたいとか、自分を大きくみせようと思ってしまいがちだが、虚栄心を捨てシンプルに生きることで、広いと思い込んでいた小さな世界から脱却できるのだ。
 
 ※補足※
 自社のホームページの内容を更新したいと思いながら、ついつい年数が過ぎています。
 内容を隅から隅までご覧頂いている方、ありがとうございます。
 私見ですが、3割引きぐらいでご覧ください。そのうち更新したいと思っております。
 あしからず。

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.