住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

2020年03月の投稿

  • 20/03/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

今月上旬にあったこと

 母が他界した。
 
 3年前から思うように身体が動かなくなりリハビリ目的で入院していたが、2年半前に首周りで神経が圧迫されて全く動けなくなり、話すこともできなくなった。流動食の誤嚥により肺炎になれば手の施しようが無いので覚悟しておいてください。と、担当医から言われていた。
 
 そして今月上旬、容体が急変し、眠るように逝った。
 
 しんみりする時間も無く通夜と葬儀を行い、最近ようやく少しずつ考えられるようになった。
 ひとりっ子なので大切にしてくれていたが、勉強しなさい。良い子でいなさい。と、なにかと口うるさいことがあり、幼心にもプレッシャーを感じることが多かった。
 
 しかしその分、自分にも厳しい人だった。どんな辛い状況でも、いつも前向きな気持ちで頑張る人だった。
 身体を動かせず、話せず、こちらから話しかけると目で、聞いてるよ。と合図し、軽く頷くしかできず、病室の天井しか見えなかった2年半、辛かったと思うが、前向きな気持ちを忘れずに頑張ったに違いない。
 
 母が遺してくれた意思を受け継ぎ、自分の弱さに負けることなく、これからも前向きに進んで行きたいと思う。

  • 20/03/30
  • カテゴリー:現場日記

ムラサワのちょこっと現場日記№3

みなさん、こんにちは!ムラサワです!
3月と言えば卒業シーズン、新生活に向けて引っ越しをする方も多いのではないでしょうか。
春からの新生活を気持ちよく過ごしてもらえるよう、アパートのリフォームをさせていただきました!
今回リフォームさせていただいたお部屋は、20年間住んでいたお部屋です。
退去されてから現場に行き、部屋に入って私の第一声が「うわ・・・汚い・・・」でした。20年も住んでいれば、クロスや床など劣化しているのは当たり前なんですが、想像以上に劣化が激しく驚きました。新しく入居される方には「うわ!綺麗!」と感じてもらいたいと思い、リフォーム工事を進めていきます。

リフォーム工事をしていく中で難しいなと思う点
・建具や設備機器の劣化・傷など新しい物に交換するのか、修繕で済むのかの判断をすること。
・匂い等が染みついているものは、処分や処理をすること。
・クロスや床材は、下地の跡や傷など目立たない柄や色を選ぶこと。
この3つのことを意識しながら、インテリアコーディネートや工事をしました。

工事を進めていく中で、対処に困ることや想像以上に汚れが酷かったりと大変でしたが、綺麗になっていくのを見て、一番最初に見た時はどんな部屋だったかな?と思い出せないくらいになっていました。
古いものを壊し新しく建てるのもいいと思いますが、今あるモノを今以上に綺麗に使いやすくし生活することも大切だと思っています。

次に入居される方に「この部屋素敵!」と感じていただけますように。

4月からの新年度も、ムラサワ突っ走って頑張ります!!!!

1

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.