住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

2019年09月の投稿

  • 19/09/28
  • カテゴリー:

二級建築士試験、おつかれさまです!

 9月15日に、二級建築士試験の二次試験がありました。
 受験された方々、お疲れ様でした。
 
 
 まず、建築士についてお話します。ご存知の方は下まで飛ばして下さいね。
 一級建築士と二級建築士があり、(木造建築士もありますが、こちらは割愛いたします。)
 
 一級建築士は国家資格で、ビルなどの大きい建物でも設計することができます。二級建築士は県知事登録で、設計できる高さや広さに制限があります。細かい数値は置いておきますが、一般的な木造住宅は二級建築士で十分設計できます。建築系の大卒以外は、まず二級を取得し、定められた実務経験を経た後、一級を受験できます。
 
 試験は、筆記(マークシート)の一次と、製図の二次があり、一次試験で約7割正解できないと合格できません。二次は前もって課題発表があり、制限時間内に条件を満たした図面を描かなければいけません。
 
 
 さて、二級建築士の二次試験ですが、本番で時間内に描けるよう、ひたすら練習あるのみです。描けなかった部分があればアウトです。逆に言えば、全て描ききった場合、よほど痛い間違いをしていない限り合格できます。
 
 仕事のあと、プライベートの時間を割いて、何枚も図面を描いたと思います。辛かったことでしょう。しかし、時間を掛けた分、必ず良い結果につながります。
 
 資格があれば必ずいい仕事ができるわけではありませんが、自分が成長し、さらに活躍するために、資格取得は大切だと思います。
 
 皆さんの今後に期待しています。

1

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.